蜂の巣

ハチミツが一番作られる所はどこ?

ハチミツは日本だけでなく、世界中で愛されている商品です。
ハチミツの歴史っはとても古いといわれています。
ハチミツを研究している人の中には、一万年前からハチミツの採取がされていたと発表している人もいます。
それだけ昔からハチミツの栄養素の高さが注目されていたということになります。

蜂蜜の採取していた当初は、野生のミツバチの巣から直接摂取していました。
そのため、危険がともない入手困難なものでした。
そこで5000年前から養蜂場が人工的にハチミツを摂取することが可能になりました。
この時期から蜂の修正などを利用して、より効率よくハチミツを摂取することができるようになりました。

それから何千年もの時間がたち、世界全体ではハチミツが約120万トンも生産できるまでに発展しました。
生産されたハチミツの中でも、ミツバチが一種類の花の蜜しか採取できないように養蜂された物もあります。
例えば、桜のハチミツ、ローズマリーのハチミツ、そばのハチミツといったものも発売されています。
いろんな種類のものが生産されるようになったことで需要もさらに広まりつつあります。

そんな世界中の生産国の中で1990年には全体の半分を占めているのが、中国、ソ連、アメリカでした。
しかしソ連崩壊時の内戦によって政界トップだったロシアは、一気に中核数が減少してしまいました。
そこで2000ねんから 常に世界のトップの生産量を誇っているのが中国です。

1990年には20万トン近くの生産量でしたが、20年後の2009年にはその倍近くの40万トンの生産量を占めています。
これは世界で生産されているハチミツの約3分の1を中国が生産していることになります。
2000年には、アメリカが世界で二番目に多く生産していました。
しかし、2006年に蜂群れ崩壊症候群の被害によって大量の養蜂が死んでしまうという被害にあってしまいました。
そのため一気に生産数が減ってしまい、トップ3から遠のいてしまいました。
今では一番は中国、続いてアルゼンチン、トルコといった国のハチミツが多く生産されています。

日本だけで考えると、ハチミツを採取する飲み最も適した地域は、四国の香川県だとされています。
自然も豊かな場所が多く、温暖の気候が養蜂場に適しています。
さらにミカンなどの果物、花の生産をしているところが多いのもとくこ府です。
ハチミツに絶対的に必要な花の蜜が、より多くあるため品質のよりハチミツがせいさんすることができます。
果樹園などで生き生きと育ったハチミツから採取されるハチミツは、自然の甘みが凝縮されたよりおいしいハチミツが採取できます。

このページの先頭へ