蜂の巣

ハチミツと相性のいい食べ物は何ですが?

今健康ブームが起きていて、人によっていろんな健康法を取り入れられています。
日常生活をなかなか変えられない人は手軽に摂取できるサプリメントを使用する人もいます。
また生活習慣を変えることができる人は、生活のリズムを見直したり食生活を見直す人も多いです。

そんななか 毎日テレビでは体にいいとされる食品の特集が組まれています。
体にいいものは何でも積極的に摂取したいとだれもが思うでしょう。
しかし毎日無理なく手軽に摂取できるものでなければ、なかなか長続きしないのが現状です。
そんな人にとってハチミツはとても気軽に摂取できる健康食品だといえます。

ただしハチミツというと、多くの人はホットケーキなどにかける、飲み物に混ぜるという方法しか思い浮かばない人が多いです。
そのためレパートリーが少なく、毎日同じものは食べられないことから、ハチミツが放置されることが多いです。
そうならないためにも、ハチミツと相性のいい食べ物を知っておくことでよりハチミツをとりいれやすくなるのではないでしょうか。

ハチミツは以外にもいろんなものに組み合わせることができます。
なぜなら癖がなく甘みの控えめなため、他の食材と組み合わせても主張しすぎないことが大きな理由です。

無糖のヨーグルトにハチミツをかけて食べると、マイルドな甘味でおいしく召し上がれます。
また酸味がる果物などを食べやすくするために、ハチミツをかけるのもお薦めです。
グレープフルーツやすももなどは皮をむいたらまだ熟していなかったときなどは酸っぱくて食べにくいものです。
そんな時にハチミツをかけて食べると甘味が足されて、おいしく食べることができます。
また好きな果物を蜂蜜漬けにして、好きな時に食べることもできます。

またハチミツといったら甘いものばかりが思い浮かんでしまいますが、お肉やお魚などにもとても相性がいいです。
お肉はハチミツと味噌を混ぜて漬けこむだけで、お肉を軟らかくして味もしみこみやすくなります。
お魚にはハチミツを加えると、魚の生臭さを消してくれる効果があるため、煮魚のアマにはハチミツが適しています。

それ以外でも昔からの知恵として、のどが痛いときににもハチミツは有効的です。
大根を小さくさいころ型に切っておいて、そこにハチミツを漬け込んでおきます。
そのハチミツ大根をのどが痛いと感じたときに舐めると、痛みが治まってきます。
ハチミツには、粘膜の炎症を抑える働きもあるので、のどの痛みだけでなく口内炎などにも効果があります。
口内炎の場合は、直接痛みを感じるところに塗るようにしましょう。

以外にハチミツはいろんな場所で活躍できるとても便利なものだということが分かります。
毎日積極的に摂取することがお薦めです。

このページの先頭へ