蜂の巣

ハチミツは青汁に使うと飲みやすくなる

体にいいものは何でも取り入れたいとだれもが思うことです。
今多くの健康食品が発売されているため、個人の好みや必要とかんじる栄養素をピンポイントで摂取することも可能です。
そのため、多くの健康食品の中から自分で選ぶということが必要になります。

特に自分の体で、ここが不調だなと感じる部分があれば、それに応じて商品を選ぶことがベストです。
しかし今の健康を維持したい、体全体的に効果があるものを選びたいという人が多いです。

そんな人に選ばれているものの代表商品として青汁があります。
現代社会生活している中でどうしても食生活が不規則になってしあう人が増えています。
中でも一番不足してしまう野菜を摂取できない人が急増しています。

生活の時間に余裕がある人でも、一日に必要な野菜の摂取量を食生活で補うのはとてもたくさん種類と量が必要になります。
それが青汁であれば、1日コップ1杯で摂取することができます。
なので手軽に必要な野菜の栄養素をしっかりとることが可能になります。

しかしそんな青汁の一番のデメリットは、味になります。
有名なメーカーでは、その味を逆にストレートにまずいと表現することで有名にもなりました。
今では多くのメーカーから青汁が発売されており
抹茶風味などのみやすく工夫されています。

しかしにみ慣れるまでには時間がかかりますし、せっかく体にいいものでも工夫をしながらのみ続けることで初めて効果を実感することができます。
そのためには 自分好みに味を変えていく必要があります。
特に栄養素が高いものほど、野菜がギュッと濃縮されているため、苦みを感じる人が多いです。

そんな人にお薦めなのが、ハチミツです。
ハチミツは天然の甘味なので、青汁の苦みを抑えてまろやかな口当たりになります。
ハチミツ天然の糖分はブドウ糖から出来ているため、分解する必要がなく体が吸収しやすいという特徴があります。
またハチミツにもビタミン類やミネラル成分が含まれているため両方の栄養素を同時に摂取することができます。

同じアマになら砂糖でもと思う人もいるでしょう。
しかし砂糖よりもハチミツのほうがカロリーも抑えることができます。
また砂糖の場合は同じ糖分でも分解しなければ体に吸収することができません
そのため余分な負荷を与えてしまいます。
なので天然の甘味であるハチミツがお薦めです。

ただし注意点としては、ハチミツはただからすだけでは底に沈みやすくなってしまいます。
なのでシェイカーやミキサーなどで混ぜると均等にハチミツの甘みが感じられます。
そして一歳未満のお子さんにはハチミツは摂取すると、強いアレルギー反応を示す場合があるため避けておきましょう。

このページの先頭へ