蜂の巣

ホットケーキにハチミツが当たり前とされるのはどうして?

ホットケーキと聞くと今、日本ではパンケーキブームということもあり多くの専門店ができていて注目されています。
そのお店の紹介では、必ずパンケーキはデザートとして紹介されています。
甘い生クリームや果物、チョコレートなどがたくさんトッピングされているのを目にします。
とてもおいしそうで、女性客だけでなく男性客も訪れたくなるほどのお店がたくさん増えてきています。
人気があるお店では、連日2時間から3時またなければ食べれないお店があるほどです。

そんな沢山の人を魅了するホットケーキは、日本では昔からおやつやお菓子として親しまれてきました。
実際に日本で発売されているホットケーキミックスには、水と卵を入れるだけで作れるようになっています。
出来上がったものを食べるとっても甘く仕上がるように作られています。
なので、ホットケーキはおやつとして認識がある人が多いでしょう。

ヨーロッパやアメリカなどではパンケーキと呼ばれることが多く、国によって特徴があります。
しかし共通して言えることは、よく朝食として作られることが多いということです。
その点は日本と大きく異なるといえます。

そしてホットケーキには、ハチミツやメープルシロップをかけて食べるのが定番とされています。
日本でもシンプルにほっとケージの味わいが一番わかるのがハチミツとバターなどの組み合わせです。
なので多くのお店で定番とされています。

なぜハチミツなのかと疑問に思う人もいるでしょう。
日本ではおやつという感覚が強いため、ハチミツはまろやかで甘味が強すぎないことから好まれています。
またバターやマーガリンといったものとの相性も良く、くどくなりにくいといえます。
また自分で調節して好みの量をかけることができるのも、ホットケーキとの相性がおいいとされる要因の一つといえます。

また海外では朝食として作られることが多いため、生地自体にそこまで甘味を感じられないように作られている場合があります。
そのため、スクランブルエッグやベーコンなどと組み合わせて食べる人も多いです。
また中には甘く食べたいという人にはとから調節できるハチミツが手軽に味を変えることができるため重宝されています。

また栄養面でも朝食には、しっかりとエネルギーとなる糖分が必要です。
朝から頭をはたらかせるためには、糖分が必要になります。
その糖分は食事を摂取して炭水化物やタンパク質を分解して作りださなければいけません。
そのため体に必要な栄養素を取り入れるためには時間がかかります。

それに対してハチミツの糖分は分解することなくすぐに体にエネルギーとして吸収することができます。
そのため早く脳が活発に働き、朝から頭の回転が速くなります。
なので朝食にはぴったりなお共だということが言えます。

このページの先頭へ