蜂の巣

ハチミツはどのようにして作られる?

ハチミツの研究はとても多くの人が行われており、歴史はとても古いものです。
現在の研究では、一万年前から人類によってハチミツが採取されているということが分かってきています。
野生のミツバチの巣から摂取するため、危険ももちろんあったことは間違いありません、
分円として残っているものでは、新石器時代にハチミツを摂取する様子が描かれた壁画が発見されています。
この壁画には、ハチミツの栄養素の高さの注目とミツバチのおそろしさの両方が表現されているといわれています。

さらに驚くべきことはすでに5000年前からハチミツを採取するためにミツバチを飼育することができていました。
いわゆる養蜂という技術です。
そのころにはミツバチの習性を理解し、採取しやすいようにミツバチを飼育することができていました。
この時代にこれだけの技術が生まれていることも驚きでもあり、ハチミツの成分の高さを理解していることも驚くべきことです。

昔から注目されているハチミツですが、ハチミツは働き蜂によって 作られているということは昔も現代も変わりがありません。
ハチミツのもとになるのは、いろんな植物から採取してきた花の蜜です。
この花の蜜は、メスのミツバチによって採取されます。
採取した花の蜜は、蜂の体内にある蜜嚢という部分に蓄積されていきます。
この蜜嚢が満タンになると巣にもどっていきます。

このメス蜂によって採取された花の蜜がそのままハチミツというわけではありません。
まず採取した花の蜜は巣の中で、加工して貯蔵されていきます。
この花の蜜を口から出して巣の中に貯蓄する際に蜂の唾液に含まれる酵素が混ざります。
この混ざった酵素が多くの栄養素を分解して作りだします。

そして排出された花の蜜は、貯蔵されている間に水分が蒸発していきます。
どんどん濃縮されることで、糖度が濃くなり私たちがよく口にするハチミツに近い状態になります。
昔から注目され、採取されていきているハチミツは天然ならではの自然の効果が高く、研究がますます進められています。

このページの先頭へ