蜂の巣

ハチミツは蜂の巣のどの部分を使用するの?

私たちの生活の中で昔から生活の一部として、自然のものを多く取り入れています。
今では都市化が進み自然を感じられるところが、少なくなってしまいました。
そのため、昔に比べて自然の植物や季節ごとの食物を感じられなくなってきてしまいました。
科学の進歩によって年中いろんな野菜を施主することができるようになったのも大きな理由としてあげられます。

そんな人工的に作り上げられるものもあれば、人口の手で作ることが難しいものもあります。
そのひとつにハチミツがあげられます。

ハチミツは養蜂場で飼育することができても、ハチミツを作り上げるまでのメカニズムをすべて人間の手でおこなうのは不可能です。
そのため、養蜂という形でハチミツを効率よく採取するという方法が最善の方法として考えられています。

ハチミツが出来上がるまでには、いろんな条件や必要なものがなければできません。
まずハチミツに必要な原材料となる花の蜜を採取する環境がなければいけません。
日本ではその環境に優れているところが少ないため、国産のハチミツはなかなか広く市場に出回ることがありません。
今ではミカンのハチミツ、リンゴのハチミツといった特定の反の蜜だけを採取させてハチミツを作り出すことも可能になっています。

いろんな種類を採取して作られた花の蜜は、蜂の巣の中で熟成させていきます。
よくハチミツの商品にはパッケージをして絵がかかれています、
その絵には黄色で六角形に形をした物がつながって描かれています。
小部屋のようなものが無数にあり大きな巣を作っています。

この巣の中には幼虫やミツバチが住んでいます。
その巣の中に採取した花の蜜を入れていきます。
採取したハチミツは巣の中にいる幼虫のハチミツの体温で熱されて、働き蜂のはねをつかって送られる風により水分をダブルで蒸発させます。
素hして三日間かけて水分を飛ばすことで完成します。
最後に蝋で蓋をすると採取できるハチミツが完成しているという状態になります。

これらの家庭を通じて採取されるハチミツにとって、六角形の形の蜂の巣は欠かせない大事なハチミツの貯蔵庫となるわけです。
今では蜂の巣を壊してハチミツを採取することが少なくなりました。
しかし昔は蜂の巣ごと採取していたため、ハチミツを絞り出す方法以外にも蜂の巣自体を調理するといった方法もありました。
日本ではほとんどなじみがないので、知らない人が多いです。

海外では蜂の巣ごと味わう習慣がある国もあり、トーストしたパンに蜂の巣ごと塗って食べる方法があります。
蝋の部分が熱が加わることでバターの代わりになり天然のハチミツを無駄なく味わえるようです。
ハチミツを作るにあたって蜂の巣の役目はとても重要です。

このページの先頭へ