蜂の巣

ハチミツを作るにはどのくらいの期間がかかるの?

ハチミツは昔からある食品として、ほとんどの人が知っている食品だといえます。
ハチミツというとホットケーキにかけたり飲み物に混ぜたりするイメージが多いです。
なぜならハチミツに含まれ成分のほとんどが糖分であるため、甘いというイメージが真っ先に思い浮かぶからです。
そのため、ハチミツは必要に応じて購入しても毎日なかなか摂取するというところまではいかないという人が多いです。

そんなハチミツには私たちにとってうれしい栄養素が含まれている目、体にいい食品として昔から重宝しています。
ハチミツに含まれている糖分は、ブドウ糖や果糖といったものでできています。
これらは体内に入ると分解する必要がないため、すぐにエネルギーとして体に行きわたることができます。

年配になると、エネルギーを作り出す酵素が減少したり働きが鈍くなってしまいます。
すると体に必要な栄養素をすぐに作り出すことができす、体に必要な栄養素が足りない状態が続いてしまいます。
なので体が疲れやすかったり重く感じてしまいます。
そのためすぐにエネルギーとして活躍してくれるハチミツは、元気の源にもなります。

そんなハチミツは働き蜂によって作りだされるということはよくご存じだといえます。

働き蜂は花の蜜を採取し、その蜜が体内にたくさんたまったら巣にもどります。
そのたまった蜜を巣の中に、口を使って貯蔵していきます。
その貯蔵する際に口含まれる唾液の酵素が混入することで、花の蜜が分解され、ブドウ糖や果糖が生まれます。
この時点のハチミツは、糖分がワズが10%から20%ほどしか感じられない水分です。
これがハチミツのようなトロットした甘みを引き出すためには、水分を蒸発させなくてはいけません。

蒸発させるためにはただ放置するのではなく、働き蜂が羽を使って風邪を送り続けて温度や湿度を管理しながら作り上げていきます。
そして水分が蒸発して80%近くの甘みが凝縮された時点で蜂未知が完成します。
最後に蜂がハチの巣に蝋をかけて蓋をすることで完成します。
採取してハチミツができるまで約3日間天候に左右されながら作り上げなくてはいけません。

しかもミツバチが一匹が一生かけて作り上げるハチミツの量は、ティースプーン1杯分しかできないといわれています。
なので瓶に詰められたハチミツの量は、どれだけ多くの働き蜂によって、長時間かけて作られているということが分かります。

このページの先頭へ